イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薔薇&デルフィニューム

                                   23rd May 2011



人気ブログランキングへ


DSC07653.jpg
 薔薇を愛でる喜びを、他種に先駆けて私に感じさせてくれるのは、このコンスタンス・スプライ(Constance Spry)です。蔓薔薇ながら大輪で芳香豊か、フェミニンな姿はこちらで多くの方々から愛されているのも納得できます。





DSC07573.jpg
 手前の白いお花の咲くシュラブは、フィラデルファス、もしくは英名でゴールデン・モック・オレンジ(学名:Philadelphus coronarius Aureus)とも呼ばれており、薔薇よりも更に強い芳香を放ちます。日本では梅花ウツギといいますでしょうか。
 葉が意色っぽいためかと思いますが、強い直射日光に当たった部分が茶色く葉焼けすることがありましたので、10年ほど前に陽射しのそれほど強くないこの場所に植え替えました。
 このコンスタンス・スプライのコンパニオンフラワーとしての相性は抜群で、このバラを切花にしてプレゼントするときは、必ずフィラデルファスも数本添えてブーケを作ります。





DSC07571.jpg
 大小の蕾の数は300は超えるかと思えるほどで、大輪の花が比較的長期に亘って咲き代わり、一季咲きながら、満足度は大きいのです。




DSC07607.jpg
 薔薇苗は一株ですが、アーバーの上(二枚目の写真)と、こちらのアーチの上の左右に枝を広げております。




DSC07564.jpg
 アーチをくぐって反対側から写しました。こちら側の方が南東ですから日光は良く当たります。
 実はこの場所は私のシークレット・コーナーかもしれません。このアーチの下の細道は物置に通じ、左側につるバラの絡むアーチが二つ並び、右には堆肥用の大きなコンポースト容器が四つ置かれています。養生中の鉢植えのプラントなどもあり、このような場所はガーデニングには必要不可欠な場所かと思います。

 この場所は裏庭に見えた方からも直接は見えないようになっておりますので、アーチをくぐってこのコーナーまでこられる方は、バラの季節を除けば少ないのです。





DSC07701(1).jpg
 赤い薔薇、テス(Tess of the d'Urbervilles)が元気に咲き返ってきた姿を見てホッとする私がいます。薔薇の名前の心理的インパクトは大きいのですね。




DSC07631(1).jpg
 これもアーチに沿って伸びたリアンダー(Leander)です。元気の良いしっかりした蔓が伸びて、作りやすい種類だと思っています。




DSC07569(1).jpg
 蕾のときはオレンジ色も濃いのですが、咲き進むにつれ色が淡く変化していくところに華やかさを感じています。



DSC07659(1).jpg
 物置の屋根の上に伸びて、傍らのアケビの蔓と絡んでおります。
 名前はSouvenir du Dr Jamain と言い、150年を数えるのにも残り数年というほど古い種類のようです。フランス風の発音がふさわしいのかもしれませんが、英国ではスーヴェニア・デュ・ドクター・ジャメインと英語風に発音しているように聞こえます。
  10年ほど前、花フレンドと一緒にあるマナーハウスの見学時、深紅色の素敵な香りのする小振りのお花に魅せられたました。さらに日光の当たらない北側の壁に沿わせていることも印象的で、二人同時に気に入ってデイヴィッド・オースティン社に注文した思い出の薔薇です。




DSC07683(1).jpg
 エイ シュロップシャー ラド(A Shropshire Lad)。物置の側面に絡ませてありますが、今年最初の一輪です。
 今年は二月以降、雨が少なく晴天続き、4月はまるでこちらの夏日(25度前後)のような気温の日もありました。そのため牡丹もそうでしたが、今年の薔薇の開花も例年より少し早いかと思います。




DSC07605(1).jpg
 この季節はシュラブ類が本当に美しく光を受けて輝いて見えますね。
 後方にコンスタンス・スプライとフィラデルファスが見えます。そしてあの右手に、小さなシークレットガーデンがあることまでは、見えた方もお気付きにはなりません。




DSC07505(1).jpg
 若草色のグラス、Carex elata‘Aurea'が、目を惹きます。




DSC07601(1).jpg
 フロントガーデンはかなりカラフルになってきました。一年中でいちばん、華やいだ色合いになる時かもしれません。




DSC07667(1).jpg
 この芍薬はボール オブ ビューティー(Paeonia’Boul of Beauty')といいますが、中が淡いクリーム色で可愛いですね。




DSC07613(1).jpg
 ニワトコの一種、サンブカス ニグラ ブラック レース(Sambucus nigra ‘Black lase')は、やはり個性的です。




DSC07616.jpg
 お花も十分にアトラクティブです。




DSC07647(1).jpg
 リヴィングルームの窓辺に立ち、眺める外の景色は、このような角度です。
 デルフィニウム、オリエンタル・ポピー、フリティラリア・インペリアリスの大きな実、シャクヤクなどが重なるように見えます。




DSC07645.jpg
 デルフィニュームの深い青色に惹きこまれます。今年も健康な状態で咲き戻ってきてくれたことに何より感謝です。




DSC07525(1).jpg
 後方にオレンジ色のポピー(Papaver rupifragum)が見えますが、毎年庭のあちらこちらから出てきます。ベス・チャトーガーデンにもこの種類のポピーが沢山咲いていますが、そこでベスさんとご一緒に長年お仕事をしていた友人から種をいただいのが始まりfでした。
 迷惑だと思うところからは抜き去りますが、面白いことにかなり都合のよい場所から芽生えてくるのです。例えばこの場所、ブルーのデルフィニュームの後方に咲くのは偶然とはいえ、良いカラーコントラストだと思えるのです。
 この写真の時点では、サーモンピンク色のオリエンタルポピーはまだ咲いておりませんでした。





DSC07594(1).jpg
 フリティラリアのこれら巨大なシードヘッドは、ドライにして生花やフラワーアレンジメントに使用します。





DSC07673.jpg
 この名前のわからないピンクの蔓薔薇は、私が越して参りました時からこのような状態でしたから、相当に樹齢を重ねているものと思われます。雨水もあまり掛からないところですが、大変丈夫で毎年たくさんのお花を咲かせます。




DSC07690(1).jpg
 和のコーナーには紫露草がひっそりと咲いています。




DSC07543.jpg
 これは地元の川から拾ってきた石で築きました。17~8年前でしたでしょうか。それほどの時が流れたとはとても思えません。私の大切な安息のスポットです。





DSC07620(1).jpg
 この薔薇、マンステッド・ウッド(Munstead Wood)は、デイヴィッド・オースティン社にベアルートで注文したものです。ベアルートですから苗は土付かずの状態で、そのまま防水袋に入れられて、年末の12月に郵送されてきました。ベアルートは鉢植えよりもかなり安価で求められます。
 3本求め、うち2本は鉢植えにして管理していますが、そのうちの一本に初めてお花が咲きました。足元に見えます葉物は、同時に植えたクリスマスローズです。





DSC07622(1).jpg
 色は深紅で、まるでシルクベルベットのような光沢、念願通りのお花に出会えて感激です。



 新しく加わったプラントはベアルートで求めた三本の薔薇程度で、あとは昨年までとほとんど変わりません。多少の花檀の模様替えは常に致しますが、毎年少しずつ成長した同じプラント達に再会できるのも喜びです。

 チェルシーフラワーショーの一般公開が24日から始まります。今年も日本人の石原和幸さんがショーガーデンに出展しておられるようですね。タイトルは, A Beautiful Paradise (Making memories with a green poem). 拝見させていただきますのを楽しみに出かけてまいります。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2011/05/23(月) 21:21:38|
  2. | コメント:12
<<ヒマラヤの青いケシ&薔薇 | ホーム | 7)チェルシーフラワーショー ’09、展示館>>

コメント

こんにちは はなあかりさん
いつ見ても、ため息がでる素敵なお庭です。バラはもちろんですが、庭の緑もいい感じに配置されていて勉強になります。
デルフィニウムも大きく育っていますね! 私は失敗ばかりしています。種を蒔くのですが育ってくれません。
マンステッド・ウッド素敵なお花ですね。ベルベットのドレスのようです。
  1. URL |
  2. 2011/05/24(火) 07:30:10 |
  3. himi #-
  4. [ 編集]

薔薇の樹に薔薇の花咲く

お久しぶりです。お元気でしょうか。
バラのアーチにレンガ色の壁が見え隠れして、やはりバラを愛でる国は絵になりますね。
日本は暑くなったり、今日は夜から雨と。あっという間に咲いたバラは散ってしまいそうです。
チェルシーガーデンはこれからゆっくり見たいと思います。
  1. URL |
  2. 2011/05/26(木) 23:32:25 |
  3. パンドラ・ヴィス #FPA1ayiE
  4. [ 編集]

先日ナーセリーでこのピンクのオリエンタルポピーと同じものをみつけてうれしくなってカートにいれました。はなあかりさんと同じようにデルフィニウムの前に植えようと思います。
青いデルフィニウムすくっと立って本当にとても見事ですね!
ポピーや芍薬、他の花とのコラボが素晴らしいです。
うちのカレックスエラタオーリアはすごくしょぼくてお写真の何分の1です。。
あとしょぼしょぼなのがシュウメイギクで、芽吹いた後もなかなか大きくなりません。
堆肥もたくさん撒いたのになんとかしたいです。
バラもたくさん咲いていてびっくりしながら拝見しました。
  1. URL |
  2. 2011/05/27(金) 01:10:58 |
  3. ニコシア #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2011/05/29(日) 18:53:10 |
  3. #
  4. [ 編集]

それぞれの美しさ

はなあかり様
バラもデルフィニウムもきれいです。ウツギもいいですね
(我が家にはピンクと白~赤に変わるグラデーションがあります)。
最初のピンクのバラ、気のせいかマザーグース絵本の挿絵
(ケイト・グリーナウェイ)に似てる。つまり、ポピュラーな種類と
いうことなのでしょう。デルフィニウムのブルーが素敵。露草もいいですね。
  1. URL |
  2. 2011/05/30(月) 22:41:03 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

Re: wow!

Yさま、
このところ、外出が多く、お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
6月の9日からイギリスへのお一人旅とのこと、気候も大変良い時期ですし、きっと素晴らしいご旅行になられることと思います。
さて、‘いろいろとそちらの情報を教えて・・・’とのご要望ですが、残念ながら私はロンドン在住ではありませんので、ここで的確にお応えできるほどの多岐にわたる情報量を持ち合わせてはおりません。Yさまのご期待に添えないことを大変申し訳なく思います。
このようなお返事しか差し上げられませんが、何卒お許し下さいませね。
楽しいご旅行であられますよう、念じております。
  1. URL |
  2. 2011/06/05(日) 09:40:13 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

himi さま、
 有難うございます。できるだけ多くの緑のシュラブ類を植えて、小鳥たちやハリネズミやリスが遊びに来る自然調の庭に仕立てるのが私の理想です。其のため薔薇もシュラブとして、宿根草と同居しているのです。
デルフィニュームはお花の期間が長いので、ある程度まとまって咲きますとお庭の素敵なフォーカルポイントにもなりますね。新芽が伸び始めのころに、ナメクジに食べられたことがありましたので、オーガニックのナメクジ駆除剤を撒くようになりました。初期の段階で一度撒くだけですが、以来元気に育ってお花を見せてくれるようになりました。
マンステッド・ウッドは本物のシルクベルベットのように輝いて見え、ほんとうに素敵なお花です。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 04:50:26 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィス さま
 薔薇はどのような場所に咲いても美しいのですが、確かにレンガの壁を背景にしますとさらに絵画的かもしれません。我が家の周辺を囲む塀が、レンガ塀であることを友人達から、ラッキーだったわね、と言われたことが有ります。でも既に築65年ほどですから、一部老朽化が見られます。それはそれで風化された独特の味わいがあるのですけれど。
 日本は梅雨、台風、集中豪雨など薔薇のシーズン中(4月~10月) の雨量は統計によれば英国の2.5倍から~3倍に達しますから、薔薇のお花たちにとっては大変厳しい自然条件にさらされるようですね。そのような条件の下でも、見事な薔薇を咲かせておられる方々が日本には本当に沢山おられ尊敬してしまいます。英国での薔薇栽培の何倍ものご努力をしておいでのはずだと思うからです。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 05:43:25 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ニコシアさま、
 このサーモンピンクの優しい色合いが気に入っています。オリエンタルポピーは一週間ほど咲き続けますから、花檀に有れば嬉しいお花ですね。青いデルフィニュームにはどことなく品格が備わっているようなが気も致します。何本かまとまって咲きますと存在感がありますね。クールな青と温色系の色の組み合わせにはホッとさせてくれるものがあります。

 貴船菊とも言われる濃いピンクの古来よりのシュウメイギクは、私も大好きで日本でもいつも身近に有ったプラントです。葉がカサカサに乾いて部分的に枯れたように茶色くなり、決してフォーリッジの美しいプラントではありませんでした。
 ところが東北の立石寺に参詣しました折、同種の秋明菊が広範囲にわたって青々とした葉のまま見事なコンディションで咲いていたのを見たのです。この違いは気候条件ではないかと思った次第でした。
 英国は夏が東北の立石寺以上にクールなためでしょうか、こちらでジャパニーズアネモネと呼ばれますいわゆるシュウメイギクは、葉も花も大変良いコンディションを保ちます。
 ただし移植は苦手のようでして、私の経験では移動した最初の年はかなりひねくれてみすぼらしく勢いも衰えました。それぞれの植物にそれぞれの個性があるものですね。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 20:09:13 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]


Rooly さま、
 コンスタンス・スプライは、典型的なオールドローズの形をしていますから、マザーグースの挿絵に出てくる薔薇の絵と似ているのでしょうね。1961年にデイヴィッド・オースティン氏によって作出されて以来、50年にわたって最も美しい薔薇のひとつとして多くの方に愛され続けてきた種類のようです。薔薇好きの方々は、見ただけで名前を言い当ててしまうほどこちらではポピュラーな種類だとおもいます。

 露草は日陰でも咲き、風情が有って私も気に入っています。
  1. URL |
  2. 2011/06/06(月) 21:02:58 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

すばらしいイギリス

いつぞやイギリス旅行についてアドバイスしていただいたsakuraです。
日程の関係でチェルシーフラワーショウには行けませんでしたが、5月末から6月初め、主なる場所、旅行してきました。新緑がとてもきれいで(さあ、これからどんどん葉がでてくるよ、という最初の緑の美しさはとても純粋ですよね)またバラも十分さいており(5月だったのでちょっと心配しましたが)、ほんとうに楽しい旅でした。
またイングリッシュガーデンの真髄をみて、十分に納得できました。
その節にはありがとうござました。今ならチェルシーフラワーショウの素晴らしさも想像できます。
  1. URL |
  2. 2011/06/12(日) 08:33:33 |
  3. sakura #RS4k0RpE
  4. [ 編集]

sakura さま
 この辺りも2月初旬より3箇月近くほとんど雨が降りませず、気温高めのドライなお天気が続きましたから、今年の早咲き薔薇の開花は例年よりかなり早くスタートしたと思います。
 チェルシーフラワーショー会期中を含む5月半ばから末にかけては、お天気は一変し、風雨交じりのお天気の日が何日も有りましたが、sakuraさまご滞在中はお天気に恵まれておられたことを念じます。
 イングリッシュガーデンは樹木や緑の植栽を大変大切にされていると思います。どこに参りましても、その場にマッチした美しい樹木達に出会えるのは嬉しいことです。
 素敵なご旅行になり、本当に良かったですね。
  1. URL |
  2. 2011/06/19(日) 06:04:09 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。