イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の庭 ②

                            23rd July 2012



人気ブログランキングへ


DSC05686(1).jpg
 裏庭のコーナーにアーバー(arbor)が見えますが、ちょっとした小さな‘御休み処’とでも言えましょうか。夏の長い夕暮れ時、特に薔薇の咲く頃、このベンチに座ってドリンクなどを戴くのも、安らぎのひと時かと思います。
スタンダード仕立てのレッドカラント(赤フサスグリ)に、今年も赤い小さなフルーツが沢山実りました。




DSC05811(1).jpg
 レッドカラントの実はほんとうに可愛いいのです。毎日少しずつ摘まんで頬張りますが、他のベリー類とミックスして作る英国風デザート、サマープディングは、このシーズンに一度は作りたい夏のスイートです。




DSC05645(1).jpg
 ホットチョコレート(Hot chocolate)の少し焼け焦げた色合いの赤が大好きです。枝葉もしっかりしていますし、作り易い種類だと思います。
 後方に見える黄色いお花はアキリア、ピンク色は撫子です。

DSC05699(1).jpg
 右側花壇の薔薇達もかなり咲いてきました。 


DSC05694(1).jpg
 パット オースティン(Pat Austin)のお花の色は独特で、柿の実のような色にも見えます。お花のサイズは大きく花弁の巻き加減は緩め、そのため大らかでおっとりとしたイメージです。
 後方の純白のフォックスグラブ(Digitalis Snow Thimble)は、ローザグラウカの影でほとんど陽があたりませんが、素敵な感じに咲きました。



DSC05689(1).jpg
 レッドカランツの脇からパットオースティンを右奥に見て写しました。



DSC05733(1).jpg
 前庭の様子です。後方に2本の銅葉色のシュラブが見えますが、左はニワトコの一種で、サンブカス ニグラ ブラック レース(Sambucus nigra Black Lace)、右はハナズオウの一種で、サーシス カネィディアンシス フォレスト パンジー(Cercis Canadensis ‘Forest Pansy’)、何れも独特な持ち味があり庭に個性を添えてくれます。



DSC05144(1).jpg
 サンブカス ニグラ ブラックレースは人気のシュラブのようで、これの植栽を一般のお庭でもよく見かけるようになりました。枝葉だけではなく、お花も実もとても魅力的なプラントだと思います。
 ニワトコの実は食用になりますので、私も野山に自生している普通の種類のニワトコの実を摘んでシロップを作ったことが有りますが、ワインの材料にもなるのだそうです。



DSC05729(1).jpg
 前庭でレイディー ミッチェル(Lady Mitchell)が咲きました。鮮やかなピンク色です。



DSC05719(1).jpg
 私の庭では数少ないハイブリッド ティー ローズで、お花のシェイプもクラシックです。



DSC05731(2).jpg
スタンダード仕立てのアイスバーグ(Iceberg)に清楚な美しさを感じています。



DSC05740(1).jpg
 これらのシダ植物は英国内のどこにでも自生している種類です。ヤマモミジなどの樹間から多少の木漏れ日が射す程度の日照ですから、常にひんやりとした静寂な空間です。
 このようにほとんど変化しない景色も私には大切で大きく深呼吸できるスペース、四季折々に変化していく他の花壇とのコントラストをエンジョイしています。



DSC05772(1).jpg
 サマーソング(Summer Song)は赤色でも黄みを帯びた赤で緋色でしょうか。紫みがベースの赤である深紅とは異なるもうひとつの情熱の赤色ですね。



DSC05776(1).jpg
 この黄薔薇、ティーージング ジョージア(Teasing Georgia)は、2009年の3月にこの蔓バラのコーナーに到来しました。



DSC05778(1).jpg
 淡い色合いの黄色も上品で素敵ですね。お花の形も香りも申し分有りません。
 


DSC05799(1).jpg
 ラドロー カーソル(Ludlow Castle)はお花のサイズはやや小振りですが、直立型で、アイボリー色の素敵なお花を咲かせます。



DSC05816(1).jpg
 ファーディナンド ピチャード(Ferdinand Pichard)も次々とお花を咲かせます。



DSC05833(1).jpg
 エイ シュロップシャー ラド(A Shropshire Lad)は大きくてアプリコットピンク色の素敵なお花を咲かせます。高い位置で咲きましたから、空に向かってシャッターを押しました。



DSC05836(1).jpg
 ゴールデン セレブレイション(Golden Celebration)は、大きくて立派なお花が数多く咲き、色もゴージャス、しかも丈夫ですから大変良い性質を備えた薔薇かと思います。



DSC05855(1).jpg
 パット オースティンという薔薇の名前はデイヴィッド オースティン氏の奥方さまのお名前だそうです。
 他の種類には見られない独特で不思議な魅力を感じさせられるお花ですが、きっとご令室はこの薔薇のようなイメージのお方なのでしょうね。



DSC05878(1).jpg
 今年初めて咲いたラプソディー イン ブルー(Rhapsody in Blue)です。昨年の秋デイヴィッド オースティン ナーサリーに注文し、クリスマス前にベアルートで届きました。現在大鉢で管理していますが、新しいシュートが何本も現れ、大変元気のよさそうな種類です。
 チェルシーフラワーショーの会場でこの薔薇に初めて出会って以来、ずっと忘れられないお花になっておりました。



DSC05914(1).jpg
 このスピリット オブ フリーダム(Spirit of Freedom)も、とっても素敵なお花だと思います。この重そうなほどびっしりと詰まった沢山の花弁そして香り、見れば見るほどにうっとりとしてしまいそう。愛おしいと感じるお花です。



DSC05918(1).jpg
 手前はスピリット オブ フリーダム、次の赤い薔薇はテス オブ ザ ダーバヴィルズ、そして黄薔薇はティージング ジョージア、一番奥がリアンダーです。
 このページのトップ、一枚目の写真の右奥に有り、コンスタンス スプライの咲くアーチをくぐりますとこれらの薔薇達が並んで咲いています。
 表からは樹木の陰でほとんど見えませんし、それにこの小道は物置や堆肥を作る場所にも通じていますので、御訪問いただいた方を御案内することもほとんど有りません。いわば私の‘小さな秘密の花園’なのです。



DSC05921(1).jpg
 ティージング ジョージアは4年目になり、お花の数も増えてきました。



DSC05983(1).jpg
 レイディー エマ ハミルトン(Lady Emma Hamilton)は相変わらず愛らしい咲き姿です。この種類は少しずつ咲き変わりますからまだ蕾が沢山控えており、比較的長い期間お花が楽しめる種類かと思います。



DSC05895(1).jpg
 二階から裏庭を写しました。
 今年は春以来、断続的な雨のお天気が長く続きましたので、このようにまぶしいほどに光遊ぶ景色が嬉しいのです。  


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 19:14:35|
  2. | コメント:10
<<夏の庭 ③ | ホーム | 夏の庭 ①>>

コメント

はじめまして、mayuと申します。
なんて素晴らしいお庭なんでしょう~☆
うっとり拝見していました
バラを交え素敵なお花ばかりで見惚れていました
我が家の小さなお庭では無理ですが
このようなお庭が理想です
また、お邪魔させてくださいね
ありがとうございました      P☆
  1. URL |
  2. 2012/07/23(月) 21:01:33 |
  3. mayu #-
  4. [ 編集]

秘密の花園のようです

おはようございます、花あかりさま。
2回シリーズでいろんなバラや植物たちを拝見してうっとりしています。
できれば一度お邪魔したいなあと見果てぬ夢を抱きつつ、何度も画像を上下して見ています。
小さな“御休み処”、私もほしくなりました。ちょっと余裕ができたら大工さんに注文して作ってもらおうかとも
楽しい夢を抱きました。
スタンダード仕立ての赤スグリやアイスバーグも良い雰囲気ですね、参考になることがいっぱいあり
そして何より美しいお庭をUPしていただきありがとうございます。
お一人でこれだけきれいに手入れされておられることにも驚きです。
  1. URL |
  2. 2012/07/24(火) 09:03:42 |
  3. pipi #YrGnQh/o
  4. [ 編集]

Mayuさま
ご訪問有難うございました。
花の命はあまりにも短く、惜しむ思いで折々の美しい瞬間をカメラに収めています。
写真でご想像いただくほど広~い庭では有りませんが、年齢のことも有りますので、先々のことを考えますと、これで十分なサイズかと思っております。
ブログの更新は稀ですが、大勢の園芸愛好家の方々とつながる私の大切な窓になっておりますので、これからもよろしくお願い致します。



  1. URL |
  2. 2012/07/26(木) 20:22:17 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

こんばんは。
また素敵な素敵な、はなあかりさんのお庭の写真にうっとりです(*´艸`)
前庭のお写真の右側にある小道♪♪♪わたしこういう小道のあるお庭を作りたいんです~
ホントに素敵ですね。この小道の先には何があるのだろうって思いたくて
実際には行き止まりでなにもなくていいのですが、こういう空間を作ってみたいです。
バラも見たことないようなバラがたくさんありますね。
キレイです。丁寧に優しく育てられてるのを感じます。このバラを育てていらっしゃる 
はなあかりさんのお人柄が見えるようです。
またお邪魔させてくださいね。
  1. URL |
  2. 2012/07/26(木) 20:59:25 |
  3. みずいろの雨 #-
  4. [ 編集]

どの写真もため息が。。。
バラと宿根草とシュラブが見事に融合していてとても素敵です。
バラの足元にギボウシやシダ、美しいグラスなどの美リーフを配されているのがとても洗練した感じで、デルフィニウムとジギタリスの花穂もバラのバックで景色を大いに盛り立ててますね~。

ラプソディインブルーの紫色、魅力的ですi-178
私も紫系のバラがここ数年好きで、ラプソディインブルーに少し雰囲気の似たファイルヘンブラウというバラを育てていますが、すごくお気に入りなんです。
はなあかりさんを真似てお迎えしたレッドカラントが一年でびっくりするぐらい横にも縦にも大きくなりました。
お写真を拝見しながら、こんな見事に赤い実がぶら下がる様子を来年楽しめるといいなぁと思っています。
  1. URL |
  2. 2012/07/26(木) 22:37:40 |
  3. ニコシア #mQop/nM.
  4. [ 編集]

一度拝見して どのお写真も素敵過ぎて全部にコメントしたくなり
それも御迷惑だろうなと…なかなかコメントも入れられませんでした。
どの植物も魅力的で欲しい品種もいっぱいでも、それを書きだすときりがないから全体の印象を…

花と光の遊ぶお庭…ぴったりの表現ですね
どのお写真からも花を愛でるはなあかりさんの幸福感が溢れているように感じられます。
楽しい日ばかりじゃなくても花が咲いて良い香りがすると
生きている幸せをかんじます。
そんな幸福感が写真を通して私たちまで幸せな気分にさせてくれます。
はなあかりさん ありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2012/07/27(金) 21:46:30 |
  3. tearose #ZpiZsxmM
  4. [ 編集]

pipiさま
こちらこそご親切なコメントをいただき有難うございます。
小さなお休み処は私も気に入っています。この自然のままの素朴な色合いにも心が癒されております。
プラントを両サイドで育てることが出来ますし、屋根の上にもアーチ代わりに誘導できますから、お庭散策の折の格好のお休みどころになるはずです。
‘楽しい夢’早く実現されるといいですね。

赤フサスグリは私の自慢のプラントの一つです。

ガーデナーさんや知人にお手伝いを頼んだことは未だありませんが、私の伴侶が生前、私の希望を容れて私好みのアウトラインを築いておいて下さったことにi感謝しています。
出来るだけ手入れに時間のかからない庭を目指していますので、宿根草中心のお庭です。
pipiさまのご参考になることがあるなどと仰っていただけて光栄です。
  1. URL |
  2. 2012/07/29(日) 06:29:31 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

みずいろの雨さま
前庭の右側は、実は窓なのですよ。写真の右手前には玄関脇に植えられている南天の枝葉が見えますから、右側にもプラントの植え込みが続いているかのようにご想像いただいたというわけですね。実際には存在しない部分なのです。写真はしばしば無い部分も有るかのように想像させられるところがありますね。

私も小道細道は大好きでそんな場所を写真に写すのも楽しいと思います。写真の方が実際よりも夢をかきたててくれることもよくあることですね。
通り抜けのできる本当に小さな道が和のコーナーに有りますので、いつかご紹介してみたいと思います。

初めの頃は薔薇は庭にほとんど無かったのですが、デイヴィッド オースティンの薔薇園を見学したことがきっかけとなりました。今では種類はそれほど多くは有りませんが薔薇栽培をエンジョイしています。
  1. URL |
  2. 2012/07/29(日) 07:16:49 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ニコシア さま
家を空ける日々が続き、お返事コメントが遅くなりましたことお詫び致します。

バラと宿根草とシュラブが見事に融合していて・・・などと、素敵なお庭をお持ちのニコシアさまにそのようにおっしゃっていただけ光栄です。
ギボウシ、シダ、グラスは他のプラントを引き立てるために、イングリッシュガーデンには必須のプラントのように思っています。

ラプソディーインブルーは咲き進むにつれ少しずつ色が変化して行くところが面白いとおもいます。
咲き進む過程で、ブルーにもっとも近い紫色を見せてくれるプロセスがありますので、ブルーという名前はきっとそこから来たのでしょうね。
そのうちファイルヘンブラウというバラをニコシアさまのブログで拝見できますのを楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2012/08/05(日) 06:09:49 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

tearoseさま
お優しいコメント有難うございます。そして長のご無礼をお許しください。

アートやスポーツに国の垣根が無いように、植物を愛でる想いにも国境はありませんね。
私は40歳代半ばで英国に参りました折、お花などの植物を介してお友達作りをするのが、もっとも自分に合っている方法かしらと思いました。その後、地元のフラワークラブやガーデンクラブにも所属し、やがてロンドンにはお花の組織も仲間とご一緒に立ち上げ、それらを通して素敵な英人や日本人の友人との交流も拡がりました。自宅には毎週お花の生徒さん達が来てくださいます。さらにガーデニングブログではこのようにtearose さまともコメントを通して交流させていただけますし、植物を愛するということはなんて素晴らしいことと幸せを感じています。
途方に暮れるほどの悲しい時期もございましたが、庭の植物たちは私にどんな事情があろうとも常に変わらず私の視線と手を求めていますから、そのような植物との触れ合いが私を元気にしてくれました。
tearoseさま、何よりの御言葉有難うございました。
  1. URL |
  2. 2012/08/05(日) 07:09:20 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。