イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の庭

                               November 7th 2014


人気ブログランキングへ

DSC05266 (2)
 イギリスは10月26日にサマータイムが終わり、時計の針を1時間巻き戻しました。日没時刻はそれまでよりも1時間早くなり、この日を境に夜の訪れが急速に早まった感が致します。日本との時差は8時間から9時間になりました。

 庭も次第に晩秋の風情になりましたが、今回も前回に続き薔薇のセカンドフラッシュの様子などから、ご覧いただきたいと思います。

 正面中ほどに立ち上がる宮城野萩(Lespedeza‘Thunbergii’)の勢いには、圧倒させられるものが有ります。毎年花後の葉の黄葉を楽しんだ後は、すべての枝を地表近くまで切り戻しますが、翌年には再びこのように丈高く伸びて、雅な花姿を見せてくれるのですから。



DSC05262 (1)
 アイスバーグ(Icebarg)のセカンドフラッシュです。左側中ほどにエキノプス(Echinops Taplow Blue)のブルーの玉がポンポンと見えますが、花後にしなびた花柄をしごき落としますと、再び美しいブルーの玉が現れます。



DSC05305 (1)
  パット オースティン(Pat Austin)の大らかでゆったりと咲く風情に、心が和みます。



DSC05322 (1)

 

DSC05311 (1)
 捜し求めていたバーガンディー アイス(Burgundy Ice)のスタンダード作りに、偶然にも近くのガーデンセンターで出会いました。植え場所が定まらなくてしばらく鉢植えのまま管理しておりましたが、他のプラントを整理して、パット・オースティンのすぐ脇に落ち着くことに。
 この場所に植えつけて初めてのお花ですが、この庭に来て二度目のフラッシュです。



DSC05312 (1)

 

DSC05332 (1)
 バーガンディーアイスが加わり、高低差が出来たことで、新たなリズム感が生まれたかもしれません。
 右側のピンクの秋明菊は比較的長い期間咲いて、秋の風情を盛り立ててくれます。



DSC05362 (1)
 この時期に咲くジュビリー セレブレーション(Jubilee Celebration)は、6月の花色よりもやや濃い目のようです。後方にピンクのお花がちらほら見えますが、菊花状に咲く昔ながらの秋明菊です。



DSC05383 (1)
 中央の樹木は樹齢十数年の実生の柿の木です。数年前に一輪だけお花が咲きました。イギリスで柿の木をまだ一度も見かけたことが有りませんから、珍しい一本だと思います。実は生らなくても大切に守りたいと思っています。
 左のオレンジ色のお花はノーゼンカズラで、こちらではキャンプシス(Canpsis grandiflora)と呼ばれていますが、トランペット ヴァイン(Trumpet Vine)という英語名も有るようです。



DSC05417 (1)
  柿の木の脇を過ぎますとこのようにバックガーデンにつながります。この辺りはキッチンガーデンコーナーで、ハーブなどを栽培しております。ニラ、チャイブ、ミント、タイム、レモンバーム、茗荷などなどですが、紫蘇や青紫蘇も有ります。



DSC05373 (1)
 ホットチョコレート(Hot chocolate)は、6月の咲き始めから次々と新しいシュートが立ち上がり、常に咲いている感が有ります。


DSC05459 (1)
 リッチフィールド エンジェル(Lichfiield Angel)は勢いのある薔薇で、四方に長く枝を拡げてしな垂れるように咲きます。これらの繊細で可憐なガーデンローズを使って、花嫁さんのキャスケード型ブーケに仕立てたら、どんなにか素敵でしょう。



DSC05479 (1)
 ジュビリー セレブレーション(Jubilee Celebration)は写真写りの良い薔薇で、ブログに登場する回数も増えて参ります。


DSC05491 (2)
 南方の暖かな国のお花ですから、英国内でこのキャンプシス、グランディフローラのお花を見かける機会は少ないように思います。私の庭でも10年を超えますのに、今年ほど豊かにお花を見せたのは初めてのことでした。ご近所の方々も初めて目にするお花に、スプレンディド!と仰り、感激されたほどです。
 きっと今年の夏の暑さ加減がこのプラントの開花を促してくれたのでしょう。それほど今年は、寒暖の差も少なく気温が高めに安定しておりました。今までの夏の中で最高に快適な夏だったと、どなたさまも口を揃え、過ぎ行く夏を惜しみました。
 

DSC05513 (1)
 庭の一角に、狭くても水場が有るのは心が癒されます。
 これら二つの小さな池には高低差が有り、水は常に濾過されながら循環しております。流れ落ちる静かな水音が耳に心地良く、しばし目を閉じて遠い故郷の小川のせせらぎに思いを馳せることも・・・。
 この水場に小鳥たちは水を求めて通ってきますし、猫たちは水を呑むついでに、手を伸ばして池の小魚たちをからかっております。


DSC05529 (1)
 十数年前に樹齢60年は超えているかと思えるような庭のコニファーを伐採しました。切り倒された木材の一部は、今でもこのような形で庭のオーナメントとして存在感を示しております。
 シュラブ類の小枝なども必要に応じて生け垣の足元などにまとめておきますと、それらはコニファーの丸太同様、次第に朽ち果てて、やがて土に返るのですけれど、その間は小さな虫達の大事な棲家になります。小虫たちや野鳥たちと共生し、ナチュラルライフを尊ぶ英国人のお庭では、このようなコーナーを見かけるのは普通のことだと思います。
 英国に来て学んだイングリッシュガーデンの奥深さの一つでしょうか。



DSC05540 (1)
 このようにわずかに木漏れ日の射す光景も気に入っています。



DSC05558 (1)
 デイヴィッド オースティン氏は、2005年のこの新作薔薇に、トラファルガー海戦の200周年記念として、レイディー エマ ハミルトンという女性の名前を冠しました。
 時はナポレオン戦争の時代、1805年、ナポレオンは英仏海峡にフランスとスペインの連合艦隊を集結させて、イギリス本土征服を企てました。しかし、イギリスのネルソン提督(1758-1805)によって撃破され、企画の放棄を余儀なくされます。提督もこの1805年の海戦で戦死しましたが、以来イギリスでは歴史上の偉大な英雄として崇められてきました。
 レイディー エマ ハミルトンという女性は、このネルソン提督の愛人であったことは衆知の事実で、英国民の間では秘話の如く語り継がれている一つのドラマのようでもあります。
 
 この女性は不遇な境遇に生を受け、家政婦として働き始めましたが、持ち前の美貌や才能ゆえに、数奇で波乱に満ちた生涯を歩むことになるのです。 ウイリアム ダグラス ハミルトン卿と結婚し、レイディー エマ ハミルトンとなりましたが、その後、ネルソン提督と恋に落ち、ハミルトン卿の妻でありながら彼の愛人になりました。やがてハミルトン卿が亡くなり、ネルソン提督も戦死、孤独感にさいなまれながら、最後は債権者から逃れるために提督との間に生まれた子供共々フランスに渡って、悲壮な晩年を送りました。

 国民に英雄視されるネルソン提督とは対照的に、相続遺産もほとんど無く、報われずに非業の最期を遂げたレイディー エマ ハミルトンでしたが、オースティン氏作出のこの愛おしく美しい薔薇に、彼女の名前が命名されたことによって、世界中の薔薇愛好家に彼女の名前は知れ渡ることになりました。



DSC05618 (1)
日ごとに咲き進む宮城野萩を眺めるのは、この時期の楽しみの一つでもあります。



DSC05640 (1)
 日本の野菊を思い起こさせてくれるアスター、 ヴァイオレット クイーン(Aster ‘Violet Queen’)が今年も咲き始めました。



DSC05676 (1)
 赤いお花はこちらではシーダム スペクタビレ(Sedum spectabile)と呼ばれ、シーダム類の中ではもっとも一般的な種類です。日本のオオベンケイソウと同じでしょうか。色は次第に濃くなりますが、大きな塊のようなお花が同じ形で3ヶ月間ほど動きません。存在感は抜群です。



DSC05681 (1)
 レイディー エマ ハミルトンは、次々と蕾を立ち上げ、休むこと無く咲き続ける種類だと思います。
 ところで、私は9月21日にバーミンガムまで参りましたが、その際、時間に余裕が出来ましたので、更に北のWolverhamptonのデイヴィッド オースティンバラ園まで車を走らせました。

 久々に訪れたバラ園でしたが、何とお店のエントランスの両サイドの植え込みはレイディー エマ ハミルトンでは有りませんか。思いがけなく数十本もまとまって咲くエマ ハミルトンに迎えられて感激致しました。このバラはデイヴィッド オースティン氏にとっても、ご自慢の種類であることを改めて納得させられた次第です。



DSC05685 (1)
 アスター ヴァイオレット クイーンも満開になりました。



DSC05713 (1)
 宮城野萩の滝の水の流れのようにしなだれた枝先は、わずかな風さえも受け止めて揺れそよぎます。



DSC05716 (1)



DSC05722 (1)
  ロムニヤ (Romneya coulteri) の英名は、ツリーポピー(Tree poppy)、さらにカリフォルニアポピー(Californian poppy)とも言われております。一見デリケートに見えますが、咲いたお花は5~6日はきれいな形のままですから、かなりタフなお花だと思います。丈が1.5mほど伸張してその先に開花しますので、このように倒れた枝先のお花でなければ写真に収めるのは容易では有りません。



DSC05731 (1)
 トピュアリー型の斑入りセイヨウヒイラギ(Ilex aquifolium ' Argentea Marginata)の実が、9月末の時点で、このように綺麗に色付きました。こんな姿を思い描いて憧れてはいましたが、それにしましても、これは出来すぎではないかしらと私自身嬉しい驚きを隠せません。

 『実物が豊かな年の冬は寒さが厳しくなりますよ』 と、91歳のお隣さんが教えてくださいました。昨年は暖冬で一度も霜が降りませんでしたけれど、11月6日の今朝、庭には初霜が降りていました。
 つい一週間前のハローインでは夏日のように20度を超える暖かさ、過去のハローインの気温の記録を更新したとニュースで報じられておりましたのに。
 迎える冬はお隣のご夫人の仰るとおり、厳しい寒さになるかも知れません。



DSC05764 (1)
 椿の枝にしな垂れた、エイ シュロップシャー ラド(A Shropshire Lad)。
 お花の周りには蕾がまだ控えています。



DSC05779 (1)
 マンステッド ウッド(Munstead Wood)の、この深みのある深紅色とフルーティーな香り、素敵です。



DSC05848 (1)
 この白萩(Lespedeza White Fountain)は、この場所に植えて4年が経ちました。紅紫色の宮城野萩に枝葉や花の咲き方が大変よく似ています。庭のコーナーにある小さなお休み所、アーバー(arbor)から写しました。
 私の思いが白萩に絡まるひと時です。



DSC05855 (1)



DSC06057 (1)
 ホットチョコレートの後方で余り目立たない存在のニシキギ(Euonymus alatus)ですが、秋が深まり見事に紅葉しました。枝に硬いコルク質の翼が目立ち花材としても重宝です。

 ホットチョコレートは10月の終わりが近付いてもまだこのように咲いています。シーズンに一度しか咲かないお花には、それはそれとしての大きな魅力が有りますけれど、薔薇は6月から10月まで5ヶ月もの間、次々と花芽を立ち上げて咲き続け衆目を集めます。
 私の庭に薔薇の種類が数多くあるわけでは有りませんが、それぞれの薔薇の個性にますます引き込まれていきます。



DSC06070 (1)
 テス オブ ザ ダーバヴィルズ(Tess of the d'Urbervilles)を、雨上がりに写しました。花弁の表面はこのように雨粒を弾くのですね。何やら初々しくてキュートな、ダーバヴィル家の‘テス’の表情です。



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2014/11/07(金) 07:38:55|
  2. | コメント:12
<<6月の庭-2015年 | ホーム | 夏の庭・薔薇など② (2014)>>

コメント

薔薇たちのよい香り想像。
萩もこれだけの空間があるとのびのびと揺れますね。
みごとですね。広々とした空間うらやましいです。
もしも、大きな空間があれば・・・
植えたいものはホウの木と柏の木です。
柏なら大きい盆栽・・・でいけるかなあ。柏餅を作ってみたいのです。
柿、日本でも涼しい北海道では見たことないと聞いたことがあります。
花は糸に通して首飾りにして遊んだ思い出があります。花の形かわいいですよね。
でも、ノウゼンカズラ同様夏が暑ければまた咲くかもしれませんね。
こちらでも夏にあちこちにノウゼンカズラを見かけるようになり
確かに気候が変わっているのかもしれません。
今年の冬はどうでしょう。
晩秋から冬の庭。また楽しみにしています。


  1. URL |
  2. 2014/11/07(金) 21:37:47 |
  3. かまど猫 #H6hNXAII
  4. [ 編集]

こんにちは はなあかりさん
春に負けないほどのバラにビックリ致しました。
こちらでは公園に行って見ても、ちょっとがっかりするような咲き具合でした。
はなあかりさんのお庭は他のお花も素敵ですね!
柿 生るといいですね。寒い所では、渋柿になってしまうかもしれませんが干し柿が作れますね。
  1. URL |
  2. 2014/11/08(土) 22:39:31 |
  3. himi #-
  4. [ 編集]

かまど猫さま
庭で育てる薔薇の最大の魅力の一つは香りでしょうね。外出先から帰宅したときなど、思いがけなく薔薇の香りの歓迎を受けた時など、幸せ気分になりますもの。
もしも大きな空間が有れば、かまど猫様は柏の木か朴の木を植えますか・・・私も朴の木や泰山木の有るお庭に大変憧れます。柏餅の葉を調達なさるのが目的なら、確かに柏の木の大名盆栽が有れば間に合いますでしょうね。

柿の木は、イタリアのトスカニー地方のオリーブ畑の広がる高原で、豊かに実のなっている光景を目にしたことが有ります。
庭の柿の木にも過去に一個だけですがお花が咲いたのですから、きっといつかまた花が咲くはずだと、これからも季節がめぐるたびに、私はお花や蕾を探し続けることでしょう。

柿のお花の首飾りは初めて聞きました。椿のお花でレイを作って遊んだ記憶と重なります。
温暖化問題は、こちらでも大変深刻な問題として捉えられております。
  1. URL |
  2. 2014/11/10(月) 10:44:31 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

お久しぶりです

薔薇のお庭へのご案内をありがとうございます。
どれも魅力的な薔薇ですが、私はやはりホットチョコレートが好き~~そして今日はマンステッド ウッドにも惹かれています^^。

私の夫も2010年に末期癌告知を受け、2011年に逝きました…だから私も独り暮らしで、夫の許に往くまでは心穏やかに楽しんで過ごしたいと思っています。
  1. URL |
  2. 2014/11/11(火) 08:55:50 |
  3. ば~ば #yl2HcnkM
  4. [ 編集]

himiさま
日本の夏の気候は地域にも依るでしょうけれど、イングリッシュローズ達には少々厳し過ぎる環境かも知れませんね。そのような条件下でも立派に薔薇を咲かせていらっしゃる方々のブログを拝見して、尊敬の念を抱きます。こちらは、6月から10月までの薔薇の開花期は降雨量も少なく気候も穏やかで、薔薇栽培には恵まれていると思います。

干し柿が好物の私にはどちらかというと渋柿の方が嬉しいかも知れません。日本に居りました頃は、里山の奥にドライヴして農家から渋柿を沢山わけていただき干し柿をつくりました。
こちらにも輸入品の小さな甘柿が売られておりますが、日本の富有柿や次郎柿などとはクオリティーに於いて比較にもなりません。
何時の日か日本の見事な柿や干し柿が輸入されて英国のお店に並ぶ日を、つい夢見てしまう私です。
  1. URL |
  2. 2014/11/19(水) 05:29:41 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ば~ばさま
ホットチョコレートが咲くたびに、ば~ばさまの事を思い出しておりました。
本当に長い長いご無沙汰の後でしたが、このたび思い切ってご訪問させていただきました次第です。
マンステッド ウッドにも惹かれていますとのこと、深紅は秘めたる情熱の色・・・ですね。やはり、ば~ばさまです。

ご主人さまのご闘病を支え、ご立派にお見送りになられて、今は心穏やかな日々をお過ごしとのこと、学ばせていただくことが沢山ございます。これからもますますお健やかにお過ごしなさいますよう念じます。
  1. URL |
  2. 2014/11/19(水) 06:14:01 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなあかり様
たったいま、素敵な番組を見たのでお知らせ。
本日放送のNHKプロフェッショナル
イギリスのポール・スミザー
という方の番組です。http://www.nhk.or.jp/professional/2014/1201/index.html
肥料や農薬は使わず日本古来の植物を大事にするやり方。
一年草は使わず、在来の原種に近い多年草、野草、雑草、に目を向けて
植物自体の力で庭を造っていく。

日本の夏暑く冬寒いという気候風土にあわせて庭を造る
見守る側の理解があれば
それはそれはみごとな庭になる
と、今スミザーさんが取り組んでいるプロジェクトを見て
そう思いました。
山梨や鳥取などこれは行けると思ってうれしくなりました。

これからどうしようかな
と思っていた所です。
庭にどんな雑草が生えているか調べてみたり
するのも良いなと。
ちょっとわくわくになっています。
  1. URL |
  2. 2014/12/01(月) 23:09:51 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集]

かまど猫さま
貴重なURLをお送り戴き有難うございました。
ポール スミザーさんのコンセプトに基づき、10年かけて築き上げてこられた“宝塚ガーデンフィールズ”が、昨年末の12月に閉園されたことは私も存じており、心を傷めておりました。
よそ様のブログで、初めてその庭園の写真を拝見した時、ベス チャトーさんのガーデンにも似た「英国風のナチュラルガーデン」が、そこに実在していることに驚きを覚えたものです。それもそのはず、英国人のスミザーさんのプロジェクトだったのですね。

NHKでスミザーさんのことがクローズアップされたことを知り大変嬉しく思います。
自然の生態系を大切にしながら四季の変化を楽しむ、いわゆる日本風のナチュラルガーデンというコンセプトは、番組を通して多くの方に波紋を呼んだかも知れませんね。

カマド猫さまのお庭が今後どのように変化して行かれるか、私も楽しみに致しております。
  1. URL |
  2. 2014/12/05(金) 07:14:42 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

大反響だったようです。
私はこの番組のおかげではじめてスミザーさんを知ることができました。

番組では、宝塚ガーデンフィールズの閉園にもふれ、
千数百種類の植物と
そこに生息していた
生き物たちの行き場を無くしたことに
心を痛めておられました。
図書館や美術館と同じように採算でははかれない大事な物を
消去してしまうことはとても悲しいことです。

すごく勉強になりました。
わくわく感がまだ続いています。
考え方を学ぶってそういうことですね。

ベスチャトーさんのおかげで
はなあかり様のお庭も知りましたし、
庭はたのしいですね。






  1. URL |
  2. 2014/12/05(金) 21:46:18 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2014/12/27(土) 13:51:38 |
  3. #
  4. [ 編集]

ポール・スミザーさんや宝塚ガーデンフィールズに関しては、このブログが詳しいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/momorogue/MYBLOG/yblog.html
ご興味があれば。御参考まで。
  1. URL |
  2. 2016/01/29(金) 16:54:17 |
  3. c #xkTmgVEM
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

C さま
私も早速拝見させていただきました。お気に入り登録させていただきましたので、これからも折々にお伺いさせていただきます。
素晴らしいブログをご紹介いただき、大変有難うございました。

  1. URL |
  2. 2016/02/02(火) 10:43:42 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。