イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月23日のアロットメント

                               24 OCTOBER 2006


人気blogランキングへ

 庭には、大変小さなキッチンガーデンがあって、そこには料理の途中などにちょっと走り出て摘み取る類の、ニラ、ねぎ、チャイブ、三つ葉、紫蘇、ローズマリー、フレンチタラゴン、ミント、レモンバーム、タイムなどを栽培しています。それから山椒の木もあります。
 しかし、野菜畑に相当する広い場所はありません。
 思いっきり蔓を伸ばして日本の栗南瓜を栽培したい、牛蒡も大量に栽培して牛蒡好きの友人達にも差し上げたい、日本のキャベツや桃太郎トマトも、それからあれもこれもと、野菜栽培への願望はつのるばかりでした。
 そこで2002年でしたが、ご近所の方より市民農園(アロットメント)の存在を教えられ、お借りすることになりました。約70坪ほどの広さの年間の借地料はわずか12ポンド、約2500円ほどでしょうか。水の使用量も含まれています。無期限でお借りするわけですから果樹や花木なども植えることが可能で、りんごや洋梨、スモモなども植えました。
 何年間か放置されていた土地を耕すのは最初は大変でしたが、土の状態は悪くなく、しかもその後農家からトラック一台分の牛肥を運んでいただき、台所の堆肥などと一緒に毎年鋤きこみますので、土の状態は年毎に良くなってきていると思います。

 
 きょうはまずラズベリーを摘みました。

20061024052627.jpg




 まだまだこの先も収穫できそうにみえますが。今年は気温が高めです。

  20061024052553.jpg




 これは牛蒡です。盛土をしてありますから、短根の牛蒡なら堀上げの苦労はそれほどでもありません。牛蒡は相当量作りますから、いろいろな方に差し上げます。私がアロットメントをお借りした最大の理由は、この牛蒡栽培にあったといっても過言ではありません。それほど重宝なお野菜です。

20061024051754.jpg




 種まきの時期がすこし遅かった大根、ほうれん草です。ちゃんと大きくなるでしょうか。

20061024051709.jpg




 獅子唐の収穫は、かなり長い間楽しめます。13本植えてありますが、三週間ほど前に、一度に850グラム収穫したこともありました。空輸された高知産の獅子唐は、日本食品を扱うお店で売っていることもありますが、当然のことながら大変高額です。

20061024051632.jpg




 南瓜もさまざまな料理に使えて、有難いお野菜です。今年は22本植えました。すべて日本の栗南瓜です。8月10日頃から収穫を始め、すでに30個は収穫済みです。
 今日は末成りなども含め最後の収穫をしました。末成りなどもポタージュスープにするなどして無駄にすることはありません。
 牛蒡同様、行き渡らない方が無いように、友人の皆さまに差し上げて楽しんでいます。

20061024051550.jpg




 一輪車に乗せて運びました。今年の南瓜は小振りだと思っていましたら、きょうの一番大きなサイズは2.6kgありました。どうしてこんなに大きくなったのでしょう。お味の方は大丈夫かしら。
 後方に見えるのはメキャベツです。

20061024051457.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/10/24(火) 00:40:05|
  2. アロットメント
  3. | コメント:0
<<ネリーン | ホーム | 秋明菊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。