イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イギリスに咲く十月桜

                                 21 November 2006


人気blogランキングへ ←←こちらがクリックポイントです。
  
十月桜(Prunus Subhirtella 'Autumnalis')
 これの撮影は11月の18日です。我が家から数百メートル離れた道路沿いのアパートらしき建物の前にあるのを写しました。
  紅葉の時期の桜ですが、こちらでは特に珍しいというわけではなく、あちこちで目にいたします。花期は長く、ほぼ八重咲きに近い花姿です。これら秋咲きの美しい桜が実は日本種で、日本では十月桜とか四季桜と呼ばれているということを知ったときは、感激してしまいました。
 毎年、10月半ば頃から咲き始め、冬の間少しずつ咲き代わりながら、ずっと三月ごろまで咲き続けます。




20061121035353.jpg




黄葉した葉と花と同じ枝で同居しています。

20061121035437.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/21(火) 06:17:44|
  2. 近隣の風景
  3. | コメント:4
<<ロンドン行  | ホーム | 八手と南天 (11月20日撮影)>>

コメント

はじめまして十月桜

ちょっと「うれしいですね。異国の地で花咲く十月桜。というのも、先日間近に見る機会があり「、見とれていました。花は、不思議なもので、花のない季節は、きっとないのですね。自然の優しさは、花の暦を作ったのかもしれないですね。
  1. URL |
  2. 2006/11/21(火) 19:48:56 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 初めまして。コメントをお寄せくださりありがとうございました。
早速hanahhanaさんのブログを拝見いたしましたところ、11月19日に十月桜のことを記事にしていらっしゃったのですね。掲載された写真の桜の花弁数が五枚に見えましたので、本を読み直しましたところ、通常は半ば八重咲きで、まれに五枚の花弁を持った一重咲きもあるとの記載でした。
 ということはhanaahana さんのご覧になられた十月桜は、その稀な一重咲きだったということですよね。大変興味深く拝見しました。これからもpoeticなブログにお尋ねさせてください。
 異国に住んでおりますと、植物名にジャポニカがついていたり、
また今回の桜のように日本から到来した種類の植物をみかけただけで、何だか同胞に出会ったような親近感を覚えてしまいます。私もジャポニカよ、お互いがんばりましょうね!という感じなのです。面白いものですね、本当は私の方がそれらの植物達にはげまされているのですから。
 
 
  1. URL |
  2. 2006/11/22(水) 09:27:01 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

こんにちは。10月桜お調べになられて、凄いなと思います。私のほうは、お散歩で見かけたものです。私のところにもおいでくださったのことありがとうございます。また、おいで下さったときは、是非足跡をお残しくださいね。お話しましょう。遠くイギリスの地で、ご苦労も多いかと思います。がんばってくださいね。さて、イギリスは、とっても興味津々です。イングリッシュガーデンと言うよりも、花の少ないイギリスと言う国が、世界に花を求めたプラントハンターの歴史を興味津々で調べています。そして今もあるボタニカルマガジンなど面白いですね。はなあかりんのブログも楽しませていただいております。今後ともよろしくお願いします。また、よらせていただきますね。
  1. URL |
  2. 2006/11/23(木) 15:18:19 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

hanaahana さま
 私のブログにも興味をお示しくださり、本当にありがとうございます。ブログを通して未知の方と気持ちを通わすことができるというのは、ブログの凄い一面だということを実感しております。私のブログ作成の技術はまだこれからですが、よろしかったらぜひ、またお寄りくださいね。私もおたずねさせていただきます。
 
  1. URL |
  2. 2006/11/25(土) 00:07:18 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。