イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス展示会

20061207033741.jpg


 私の所属クラブでのクリスマスショーは過去に何度かあり、NAFASの審査員が見えて順位を決めました。今回は展示会ですから審査員による審査はありません。

  このクラブに十数年所属している私にも初めての経験ですが、何と今回は来場者が自分で良いと思った作品の傍らに、コインを置いていくというのです。それらのコインはすべてチャリティーに寄付されるのですが、しかしこの方法ですと、一部の作品にはたくさんコインが集まりますが、ほとんどコインの置かれない作品もあるわけです。

 まず日本人ならこういう発想はしないのではと、少し驚いたのですけれど、私は考えすぎかもしれません。そんなことは気にしないで、要はちょっとした競争を楽しめばいいのよ、ということなのだと思います。これも一種の大人のお遊びなのだな!ということを学んだような・・・でもまだ何となくわかってないような・・・。




20061207033854.jpg



20061207033834.jpg



20061207033932.jpg


 これらはぺティート(petite)で、サイズは25cm以内のものです。
今回のタイトルは“Box of Delight"ですから、箱を使ってのアレンジになっています。



 20061207034009.jpg

 
 この作品は参会者のお気に入りでしょうか。コインの数が多いようですね。



20061207034112.jpg


 これも人気が高いようです。



20061207034029.jpg


 こちらもコインの数が多いですね。



20061207034303.jpg


 こうして談笑を楽しむ方もいます。ドリンクやミンスパイ、カナッペなどは沢山用意されていました。




20061207034439.jpg


 クリスマスツリー用の、デコレーションのデモンストレーションです。


20061207034541.jpg


 フラワーアレンジメントのデモンストレーションです。
 このデモンストレーターはアン グレイさんで、私たちのクラブのみならず、エリアでも重鎮です。
 一昨年の四月末に横浜でフラワーアレンジメントの世界大会(WAFA)が開催されましたが、その時彼女から一緒に日本に行きたいと言われ、他にももうお一人おられて、私はこのクラブの友人二人の旅のアレンジをすることになりました。
 日本ではホテルが同じでしたし、共通の思い出もいろいろ有りで、旅を通してさらに親しさも増した感じです。お二人にとっての初めての日本は、ただただファンタスティックだったようです。



DSC02148.jpg

 これらはラッフル(福引)の景品の一部です。



20061207033237.jpg


 最後にチャリティーのコインの集計結果が発表されました。そして五つのそれぞれのクラスの一番多くコインを集めた人に、写真のような賞品が渡されました。
 私も戴いたのですが、中はまだ開けてないので中身はまだわかりません。戴き物は開けるまでの楽しみ、開けるときの楽しみ、そしてその後の楽しみ、という具合ですから、まあ当分はこのままにしておこうと思います。
 
 
  
スポンサーサイト
  1. 2006/12/07(木) 10:06:09|
  2. フラワーアレンジメント
  3. | コメント:2
<<クリスマス展示会 | ホーム | クリスマス ディスプレー>>

コメント

すてきです。。。
ばら色ばあば様のブログからやってきましたv-238
すてきなアレンジでとっても勉強になります。
わたしはなかでも赤くて細いキャンドルが5本、奥のほうにたっていて・・・
赤いお花(ばら、カーネーション、アリストロメリアでしょうか?)をアレンジしている作品が好きです。
今年のクリスマスはこのようなすてきな作品をアレンジできるようがんばりたいです。
  1. URL |
  2. 2007/01/26(金) 12:19:14 |
  3. でぶりん #-
  4. [ 編集]

でぶりん さま
 はじめまして!ようこそおいでくださいました。
 でぶりんさまのブログを拝見しましたら、いろいろなサブジェクトのお勉強を熱心に頑張っていらっしゃるのですね。その中にはフラワーアレンジメントもあって。そちらではどのように教えられているのか、アレンジのスタイルなども興味深いです。でぶりん様の作品を拝見に、ときどきお邪魔させていただきますね。
 使われている赤いお花は、バラ、カーネーション、アマリリスです。白くハート型に見えるマテリアルは、アートフラワーのアイビーです。  
  1. URL |
  2. 2007/01/27(土) 00:19:26 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。