イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

騎乗の王子!

                                9 December 2006


人気blogランキングへ ←←こちらがクリックポイントです。


大岩義明さん金メダルおめでとうございます!



20061209083811.jpg


 ドーハ・アジア大会総合馬術(Eventing)、個人で大岩義明さんが金メダルを獲得、そして団体でも日本が二位になられたことは、英国で彼を身近に知る私たちにとっても大変嬉しいニュースでした。
 
 上の写真は今年の8月24日からドイツのアーヘンで開催された世界馬術選手権(WEG)で、世界中から参加した並居る強豪を相手にクロスカントリーで堂々トップになられた時の写真です。
 この総合馬術と言われる種目は三日間にわたる競技で、初日ドレッサージュ、二日目クロスカントリー、三日目ショージャンピングの三種目に亘ります。
 2003年にBlenheimで、出場する彼の雄姿を初めて目の辺りにしたのですが、その時もクロスカントリーでトップ、それから昨年のBadmintonにおいてもクロスカントリーでトップ、大切な世界選手権を制するのですから、義明さんの活躍は素晴らしいです。


DSC00647.jpg

 義明さんによれば、日本ではまだまだマイナーなスポーツだと聞いておりますが、イギリスやヨーロッパでの人気は大変高く、このアーヘンにも早朝から6万人の観客が集まったとのことです。特に水濠の周辺などは黒山の人だかりになったそうです。


20061209081514.jpg


 これは10月22日に彼の厩舎をたずねた時のものです。お怪我をなされて、翌日抜糸だという時でした。今では車で二時間余もかかる距離ですが、数年前まで彼は私どものご近所さんだったのです。
 イギリスの冬の朝が明けるのは遅く、8時になってもまだ車のライトを照らして出かけなくてはなりません。彼は5時半には起床し6時過ぎには決まったように厩舎に出かけていきました。
 彼は真摯な努力の人です。そして大変謙虚で周りへの配慮の行き届く方です。その両者が備わっているからこそ、いまの成果につながっているのだと私は思います。


 20061209081727.jpg

 
 私が2002年にアロットメントを始めた時、ほとんど畑は開墾状態で、掘り起こしに大変苦労致しました。彼が帰宅後、手伝ってくださったのですが、仕事が丁寧で速くて頼もしく思ったものです。「厩舎でも毎日草刈や掘り起こしなど、似たようなことをやってますから」とのことでした。
 
20061209051951.jpg

 義明さんの目標はオリンピックで優勝することです。彼ならばそう遠からず果たしてしまうことでしょう。皆さんも彼の今後に応援してくださいね。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/09(土) 12:24:07|
  2. 嬉しいニュース
  3. | コメント:4
<<アカゲラの来訪 | ホーム | クリスマス展示会>>

コメント

貯まっていた力が発揮され、次期オリンピックが楽しみですね。
初めてお顔を見ました。
  1. URL |
  2. 2006/12/13(水) 09:30:16 |
  3. shigeko #RDMSqOr2
  4. [ 編集]

shigeko さま
 コメントをお寄せくださり、ありがとうございました。
 日本ではマイナーなスポーツだということで、彼の活躍ぶりがマスコミであまり報道されないようですね。イギリスでは国際試合はBBC(日本のNHKに相当する局)でテレビ中継されます。彼の活躍は素晴らしいのでバドミントンの時なども試合後にインタビューを受けていました。堂々ととても立派に応じていて、すでに彼は世界のトップ選手の一人なのだと、見ている私も感激しました。shigekoさんもこれからも応援してくださいね。
  1. URL |
  2. 2006/12/13(水) 10:27:06 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

ヨッシー

やっぱり、ヨッシーは凄いです!
「努力は必ず実る」 願いは必ず現実のものとなるのです。

私もこのニュースを日本のテレビで拝見して、胸が熱くなりました。
私も今、夢に向かって生きています。
ヨッシー、勇気と希望をありがとう!
  1. URL |
  2. 2006/12/13(水) 23:57:02 |
  3. kumi #-
  4. [ 編集]

kumi さま
 そう、ヨッシーはがんばっていますよ、さまざまな壁を乗り越えて。 夢を持ち、目標に向かって努力することの大切さを、私たちは彼から学びます。
 こちらに『HORSE&HOUND』という週刊誌があるのですが、昨年の5月、義明さんのことが大きく取り上げられました。表紙にはーthe Japanese whizz Kid-との記載がありましたが、このWhizz Kidの意味は、抜群の才能を持つ若手の実力者とか神童などという意味らしいです。英国では乗馬は大変盛んですし、乗馬をなさる方でJapanese Yoshi の名前や活躍ぶりを知らない方はいないと思います。
 kumiさんも彼がイギリスに来られて、さてこれからという頃のことをご存知なので今回のことは感慨もひとしおのことと思います。
 そしてkumiさんのHAPPYなニュース、嬉しいです。近々メールにて御連絡します。
  1. URL |
  2. 2006/12/14(木) 21:31:47 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。